スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4号機、工事ミスに救われた 震災時の福島第一原発

2012.03.10 *Sat*


にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
ぽちっとおねがいします








東京電力福島第一原発の事故で日米両政府が最悪の事態の引き金になると心配した4号機の使用済み核燃料の過熱・崩壊は、震災直前の工事の不手際と、意図しない仕切り壁のずれという二つの偶然もあって救われていたことが分かった。

4号機の使用済み核燃料プールは津波で電源が失われ、冷やせない事態に陥った。プールの水は燃料の崩壊熱で蒸発していた。

水が減って核燃料が露出し過熱すると、大量の放射線と放射性物質を放出。人は近づけなくなり、福島第一原発だけでなく、福島第二など近くの原発も次々と放棄。首都圏の住民も避難対象となる最悪の事態につながると恐れられていた。

しかし、実際には、燃料プールと隣の原子炉ウェルとの仕切り壁がずれて隙間ができ、ウェル側からプールに約1千トンの水が流れ込んだとみられることが後に分かった。さらに、3月20日からは外部からの放水でプールに水が入り、燃料はほぼ無事だった。


詳しくはこちらまで







このニュースを知った時本当に怖かった。

4号機がぎりぎりセーフだったのは奇跡。

たまたま1千トンの水が燃料プールに流れ込んだから助かった。

東海第二原発が無事だったのも奇跡。

非常用発電機があと40cmほどで

水没する危機的な状況だったのにも関わらず助かった。






20120119-8.jpg


4.jpg



奇跡的に救われたかもしれないけど

現在の4号機は燃料プールのコンクリートに

亀裂が入っただけでアウト。

関東どころか東日本全域が危ない。

もしかしたら日本全土危ない。

首の皮一枚でつながってる感じ。

累卵の危うき。



genpatu-212x300.jpg



こんな状況なのに原発推進する人がいるなんて信じられない

奇跡なんて毎回起こる訳ない。

この先進む道は脱原発ですよね。







東海第2原発の再稼働中止と廃炉を求める署名









にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へにほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ






COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



リンク

プロフィール

りるらる

Author:りるらる
茨城に住む猫好き主婦。保育園児2人と旦那チンと4人家族。
楽しい事可愛い物美味しい物大好きです。
難しいことは苦手です。
最近子供たちの体調不良が続きブログは放置気味です。

ありがとう

いらっしゃいませ

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

お買いもの情報

~クリック募金~

最新日記

カテゴリ

全日記表示リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

最新コメント

お買いもの yahoo

お買いもの rakuten

お買いもの amazon

Copyright © りるらる日記 茨城での日々 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: ふわふわ。り)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。